剪定はプロに依頼~庭木の状態や目的に応じた剪定方法~

草むしりをしないと沢山のトラブルが発生する!

ただ枝を切っても家庭菜園を守れません

剪定の作業には庭木の健康管理をする目的もあります。ですから不要な枝を見極めて剪定することが大事です。いくつか不要な枝を紹介します。

不要な枝

このような枝は剪定を行ないます(剪定業者)

「徒長枝」手入れをせずに勢い良く伸びたままの枝のことを徒長枝といいます。徒長枝は、周囲の枝の成長を妨げて、庭木全体のバランスを崩す原因になるため、剪定の対象となります。「立ち枝」立ち枝は、水平方向に成長せずに空に向かって成長した枝のことです。立ち枝を剪定することで、庭木の形を整えることができます。「平行枝」同じ方向に近い場所から伸びている枝のことです。どちらか一方の枝を根本から剪定するか、長さを調整するかした方が良いでしょう。これらの枝は剪定が必要です。

業者が行なう庭木の剪定方法

ジャケットの作業員

剪定業者は、目的に合った手入れをすることができるために、常に健康な庭木になります。ここでは剪定業者が行なう選定方法を紹介します。

目的に合った剪定方法

日当たりや風通しを良くするために
枝の数を減らして、日当たりや風通しを良くするためには、透かし剪定が最適です。枝のバランスを整えるだけでなく、害虫の発生を防ぐ効果もあります。重なり合っている枝を剪定することで、家庭菜園まで太陽の光が届きますし、庭全体の雰囲気を明るくすることができます。透かし剪定が必要な庭木は、日本庭園で一般的な松の木が有名です。
庭木の見た目を整えるために
大きく成長しすぎた庭木には、見た目を整えるために、切り戻しという剪定方法を行ないます。伸びすぎてしまって隣の敷地に侵入しそうな枝を、短くする選定方法なので、庭のスペースに合わせたサイズにすることができます。家庭菜園や自宅の大きさを考慮しながら、切り戻しを行なうと、収まりが良い見た目の庭木になります。
TOPボタン